コストダウンの基本的な考え方とは?

これから新築で家造りを検討している方の中には、予算面で何かと悩んでいるケースがあるかもしれません。確かに予算に余裕があれば、家の外観デザインをはじめ間取りや内装あるいは各種設備に至るまで、思いのまま自由に設計できるでしょう。しかし予算に限りがある以上、現実的な視点からコストダウンを図って、自分たちが理想とする住まいにできるだけ近づけるように、上手に工夫することが求められます。

その際に忘れてはならない基本的な考え方は、住まいの大枠からコストダウンすべき箇所を検討することです。敷地面積や延床面積あるいは建物全体の構造や間取りといった大枠から検討すれば、大幅なコストダウンを期待することができますし、設計の段取りも効率よく進めることが可能になります。

キーワードはシンプル!

それでは具体的にどのようにして大枠のコストダウンを図ればよいのでしょうか。ここでキーワードになるのが「シンプル」。例えば延床面積を減らし、建物になるべく凹凸のないシンプルな構造にすれば、その分だけでも基礎や外壁に必要な資材、あるいは建築工事の足場などにかかる費用を、少なく済ませることができます。同じく住まいの間取りについても、できるだけ部屋数を減らすことで、大幅なコストダウンへつなげることが期待できるでしょう。ちなみに収納スペースを複数に分散させると、その分だけ棚や扉などが必要になり、建築コストを増やす要因になります。したがって収納スペースの数や広さは必要最低限に抑え、設置箇所もなるべくワンフロアに集約することが、大切なポイントです。

全国的な注文住宅の平均価格は3000万円台だといわれます。しかし建物の形態や間取り、設備や内装の工夫次第で費用を抑えることができます。2000万円台は十分可能ですし、中には予算2000万の家を実現している人もいます。