予算を抑えた家造りをしたい理由

家造りのプランを立てているときは楽しいものですが、うっかり予算をオーバーしてしまったという人は多いでしょう。家造りは予算内に収めるのが意外と難しく、多くの人がオーバーしています。費用が高額になればなるほど、貯金を大きく減らしたり、住宅ローンからの借り入れが増えたりします。ローンの支払いが厳しい状況になってしまうと、いざ家を修繕するときに資金を用意するのが難しくなるでしょう。家造りで失敗しないための大前提として、予算を明確に設定しておく必要があります。大切なのは現在の生活レベルを著しく低下させる状況を避けることです。子どもの学費、老後資金の用意なども考慮して資金計画を立てていく必要があります。

収入の安定性を考えたうえで資金計画を

資金計画においてポイントとなるのは、現在の収入が安定する見込みがあるかどうかです。正規雇用の人であればリストラされる確率は低いので、資金計画を立てるうえで有利です。非正規雇用の人に関しては、収入が不安定になるケースを考慮し、なるべく予算を抑えた家造りをするのが無難でしょう。住宅ローンの支払いができなくなると、将来的に家を競売にかけられたり、任意売却の手続きをしたりする必要性が出てきます。ローンを組むときは頭金を入れるように求められることがありますが、貯金がほとんどない状態で頭金を入れると急な出費が発生したときに対応できなくなります。こうしたリスクを回避するためにも、貯金はある程度残しておく、頭金を入れるのが難しい場合は頭金なしで借りられるローンを利用する、などの工夫をしましょう。

ローコスト住宅は、あらかじめ設定された間取りや内装をベースに建築するので、費用を抑えることが出来ます。