いくらまで用意できるのか

家作りをするためには大切なことがいくつかあります。その中でもまず必要になってくるのが資金です。人生で最も高額といってもよい買い物をすることになるので資金計画のポイントを3つ紹介します。1つ目は自己資金をいくらまで用意できるかです。すでに家作りのお金をためている人はよいですが、ない場合には住宅ローンなどを利用して資金を用意することになります。このときにいくらまで資金を用意することができるのかを確認します。住宅ローンの場合、審査があり上限があります。まずは自己資金がいくらまで用意できるのかを計算します。

家だけでは済まない住宅購入

住宅を購入する際には、家だけ購入すればよいというものではありません。家ができれば家具も必要になりますし、家の周辺も工事しなければいけません。ここにもそれなりの費用がかかります。契約や書類の手続きにも手数料がかかります。これらの費用についても計算に含めた上で資金調達をする必要があります。

将来に追加資金が必要になる

家は建ててしまったらおしまいにはなりません。なぜなら住んでいれば色々なところが壊れていき、修繕が必要になってくるからです。家を建てるときの資金計画では、そこまで考えて用意しておく必要があります。また、同じように追加資金として保険代も必要になります。このように実際に住み始めてから必要になってくる資金は多く、ここまで考えてお金を用意しておかないとまた追加で融資を受けないといけなくなるので注意をしなければいけません。

二世帯住宅には、内階段と外階段の二種類があります。内階段だと家族が顔を合わせることがあります。外階段だと家族と顔を合わせる事が減ります。