ランニングコストを重視

賃貸オフィスを契約するときに一番気になるのが費用ではないでしょうか。ランニングコストが高額すぎると支払うことができなくなり、事業にも影響を与えてしまいます。賃貸オフィスに必要なランニングコストの中で、一番大きな割合を占めるのは家賃です。立地や施設規模などによって変わるため、事業を始めたい地域で調べる必要があります。電気代についても考慮しなくてはいけません。事業によってはPCやサーバーなどで多くの電力が必要となり、毎月の電気代が高くなります。賃貸オフィスを選ぶときには、事業に必要なランニングコストを捻出することができるのかが重要なのです。

必要な設備が整っているのか

業務を遂行するにあたり、インフラ設備は大切です。賃貸オフィスによって、用意されている設備が違うため、事業に合わせて選ぶ必要があります。インターネット環境や空調設備、駐車場の広さなどをあらかじめ確認しておきましょう。とくにインターネット環境は、どの事業にも必要不可欠と言っても過言ではないため、快適に利用できるのか詳細に把握しておかなくてはいけません。業務に足りない設備があった場合、移転などの対応を取る必要性も出てきます。

立地にも妥協をしない

賃貸オフィスの立地によって、企業が受けるメリットが変わります。駅に近ければ交通アクセスが良く、顧客や取引先との移動手段に困ることがありません。信用が高いエリアに事務所を構えることで、企業価値が高くみられることもあります。企業にとって信用はなくてはならないことであることから、エリアの信用力は大切です。一等地であればメリットが高くなりますが、賃料が高くなる傾向にあるため、予算と相談して決める必要があります。

港区は千代田区と中央区と並んで都内の主要3区といわれるエリアです。起業をするなら、アクセスがよく会社が多い港区で賃貸事務所を借りるのがおススメです。