賃貸オフィスのメリット

賃貸オフィスのメリットは初期費用を比較的安くできることに加えて、移転のときの負担が軽減されることです。賃貸オフィスはオフィスを購入するのに比べると初期費用がかかりません。工事に関連する費用負担はありますが、物件の購入費用が全くかからないのがメリットです。今後、オフィス移転をするときには物件の売却を考える必要がなく、退居を希望すればいつでも移転できます。原状回復コストがかかるものの、一般的に購入したオフィスでも原状回復がかかるのでデメリットにはなりません。賃貸オフィスは選択肢も多く、購入できるオフィスに比べると幅広く拠点を選べる点でも優れています。

賃貸オフィスのデメリット

賃貸オフィスを選ぶデメリットは継続的な負担が大きいことです。賃料の支払いが毎月必要になることに加えて、契約期間が決められている場合には契約更新料も負担しなければなりません。オフィスを購入した場合にも固定資産税がかかりますが、一般的には固定資産税に比べると賃料はかなり高くなってしまいます。短期的な視点では賃貸オフィスの方が安上がりですが、長期的な視野で考えるとオフィス物件を買ってしまった方が安くて済むでしょう。また、賃貸オフィスは購入したオフィスに比べると工事の自由度が低いのもデメリットです。契約によって実施可能な空調工事や配管工事、電気工事などが制限されていることが多く、理想的なオフィスを作り上げることができずに困ってしまう場合もあります。

中央区で賃貸オフィスを探すなら物件の扱いに慣れた地元の業者に依頼するのも方法の一つです。土地勘があり、穴場物件を安く借りることができます。