どの程度行くことができるかが1つ目のポイント

夢の別荘を取得するには、いきなり物件購入をしてはいけません。高額な買い物であるので、自分にとって本当に良いものであるのかを考えて購入する必要があります。別荘選びの1つ目のポイントが、どの程度行くことができるかです。別荘は自分の家になるのでいつでも行くことができます。しかし、遠すぎると交通費や日程の問題でなかなか行くことができなくなります。まずは、自分がすぐに行くことができるエリアで物件探しをします。次に別荘に行って何をするのかです。別荘が多くあるのは山や海といったレジャーを楽しむことができる場所が多いですが、自分が好きなレジャーは何なのか、別荘に行ってどんなことをして過ごしたいのかを考えて物件探しをしましょう。

管理付きか自分で行うか

別荘の物件を見ていくと中の設備以外にも大きな違いがあり、それが管理付き物件であるのかそうでないのかです。管理付き物件とは、別荘を管理してくれる人がおり、清掃や周囲の除草、別荘に行く前には宿泊するための準備までしてくれるところがあります。管理が付いていないところはこれらをすべて自分で行わなければいけません。管理物件のほうが高額ですが、その分ホテル感覚で利用することができるのでとても楽です。一般的な住宅と比較して別荘の場合、物件とそれに関係するオプションが多いのが特徴になります。魚釣りが好きな人のために遊漁券が付いていたり、雪の多いところでは除雪作業をしてもらうことができる権利が付いているケースもあります。

八ヶ岳の別荘は、新築から中古物件まで揃っています。南アルプスを望む開けた土地にある別荘や、森林に囲まれた場所にある別荘など、趣向に応じて選ぶことが出来ます。